GoogleChromeの翻訳機能の使い方

どうもこんにちは。おんです。

GoogleChromeには翻訳機能が元々備わっているのをご存知でしょうか?

海外サイトを見たい時に、一々翻訳サイトなどを利用して日本語に変換するのって手間ですよね。

そんな時にGoogleChromeの翻訳機能を利用すれば一瞬でサイト全体を日本語に変換してくれます。

GoogleChrome翻訳機能の使い方

まずGoogleChromeを起動し、翻訳したいサイトを開きます。

 

右上のボタンをクリックします。

 

 

ウインドウが表示されるので、「設定」を選択します。

 

 

設定画面一番下の「詳細設定」を選択します。

 

 

言語欄の「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」を選択します。

 

 

翻訳したいページに戻ると、上部に翻訳ツールが表示されています。

ここで「英語を常に翻訳」を選択すると、今後英語のサイトが表示された際に自動で日本語に翻訳してくれます。

 

 

このように日本のサイトのように翻訳してくれました。

ちなみに元の英語表記にしたい場合は「原文のページを表示」を選択することで英語表記に戻ります。

まとめ

GoogleChromeの翻訳機能を利用すれば海外サイトでの買い物がスムーズにできます。

英語だけでなく多言語に翻訳できるので、たまにはいろいろな海外のサイトを覗いてみてはいかがでしょうか?

それでは、またね!

 

合わせて読みたい>>>アメリカのAmazonでバック・トゥ・ザ・フューチャーのスポーツ年鑑を買ってみた

コメントを残す