好きなことを仕事にするメリットとデメリット

どうもこんにちは。おんです。

「好きなことを仕事にする」って、最近色々なところで言われてますよね。

例えばYouTuberなんかが最たる例だと思います。

なりたい職業ランキング3位がYouTuber

ソニー生命保険が発表した男子中学生のなりたい職業ランキングでは、1位「ITエンジニア・プログラマー」、2位「ゲームクリエイター」、3位「YouTuberなどの動画投稿者」となっているそうです。

若い人たちにとって、今やテレビよりもネットで動画を観ることの方が当たり前になっており、好きなことをして生きている人たちに自然と憧れを抱いているのかもしれません。

好きなことを仕事に

かくいう僕も昔から映画が好きで、毎週のように映画を観に行っては将来映画に関わる仕事がしたいと思って生きて来ました。

そして今、その夢を叶えて実際に映画関係の仕事をして生活しています。

ちなみに僕のプロフィールはこちらで紹介していますのでご覧ください。

プロフィール

ただ、現状全てにおいて満足しており幸せな人生を送っているかと言われるとそうではありません。

そこで、好きなことを仕事にした僕が考える、メリットとデメリットを伝えようと思います。

好きなことを仕事にするメリット

  • やりがいがあり、仕事が楽しい
  • 仕事の勉強をすることを苦と思わず、自分から積極的に学べる
  • 仕事に誇りを持てる

やりがいがあり、仕事が楽しい

たいして好きでも無かったり、やりがいを感じられない仕事だと、会社に行くのが憂鬱になることがありますよね。

サザエさん症候群」なんて言葉があるように、日曜日の夕方になると明日出社しなければいけないことに直面して憂鬱になってしまうようです。

これに対して、好きなことを仕事にしている場合このような症状は起きず、むしろ月曜日が楽しみですらあります。

これは仕事が一種の遊びになっており、仕事を行うことに対してワクワクしているためです。

仕事の勉強をすることを苦と思わず、自分から積極的に学べる

これも先ほど述べたように、仕事が一種の遊びになっているので、最初から強い興味を持っているわけです。

もっと知りたい、もっと上手くなりたいと心から思っているため、その勉強のために時間を使えるんです。

そのため、「仕事だから」と思いながら勉強している人と比べても学習スビードは速いですし、身につき易いです。

仕事に誇りを持てる

自分の仕事を堂々と自信を持って言える人ってどのくらいいるでしょうか?

もし自分の仕事に誇りを持っていたら、その仕事がどれほど素晴らしいものなのか、つい人に伝えたくなりますよね。

仕事に誇りを持つことによって、自分の人生にも誇りを持てます。

好きなことを仕事にするデメリット

  • 自分や家族、友人との時間が犠牲になる
  • やる気を利用されて薄給で働いている
  • 仕事が嫌になった時、好きだったはずのことも嫌いになる

自分や家族、友人との時間が犠牲になる

あくまでこれは僕の仕事に対してなんですが、映画やTVという仕事柄常に時間に追われています。

納期が短いので、泊まり込みで作業することなんて当たり前のようにあります。

冒頭で述べたYoutuberの方達も、毎日欠かさず動画製作をしているので、撮影・編集を1日でこなすとういことは膨大な時間が掛かると思います。

他にも、クリエイティブな仕事に就く方達はこだわりを持って仕事をしているので、突き詰めたら突き詰めただけ時間が掛かります。

そのため睡眠時間を削って作業したり、休日もほとんどなく毎日働き詰めという生活に陥ります。

それによりプライベートな時間がほとんど無く、先の見えないスケジュールなので友人との繋がりも薄れていき、家族と過ごす時間もなかなか出来ません。

やる気を利用されて薄給で働いている

僕の働いている会社では時間外というものがありません。

クリエイティブな仕事ではよくあるのですが、「裁量労働制」という形をとっているため、仕事さえ終わればいつ帰っても良いという仕組みになっています。

しかし仕事量に対して納期が短いため、どれだけ早く終わらそうと思っても定時で帰れる訳も無く、終電で帰ったり、かなりタイトなスケジュールだと何日も泊まり込むこともあります。

しかし時間外手当も無いため、どれだけ働いても給料は変わりません。

それでも、多少不満はあるにせよ仕事自体を楽しんでいる方が大半なので、辞めずにその状況でも仕方ないと思ってしまうんですよね。

仕事が嫌になった時、好きだったはずのことも嫌いになる

好きなことを仕事にすると、労働環境や人間関係に不満を持った際に仕事が嫌になることがあります。

すると「仕事=好きなこと」だったために、好きだったことが嫌いになる場合があります。

そういう危険もはらんでいるので、好きなことを仕事にするか、そのまま趣味として人生を送るのか、しっかりと考える必要があります。

まとめ

f:id:on_harahetta:20171025105503j:plain

メリット・デメリットについて挙げさせてもらいましたが、あなたはどう感じましたか?

あくまでこれは僕が映画やTVの仕事を今まで行ってきて感じたことなので、そのまま当てはまらない部分もあると思います。

ただ、世の中には好きなことを仕事にしながらこう感じている人もいる、ということを知ってもらえればと思い、記事にしました。

それでは、またね!

 

合わせて読みたい>>>仕事の愚痴には2種類ある

コメントを残す